他の取引所での入出金停止の影響を受ける仮想通貨トレーダー向けのJPEX援助基金フェーズII

JPEXユーザーの皆様へ

FTX プラットフォームの崩壊以降、JPEX には「AID FUND」への多数の申し込みが寄せられています。 このため、FUND の配布を監督する担当者は、影響を受けた FTX トークン (FTT) 所有者が失われたトークンの価値の一部を取り戻すことができるように、審査プロセスを迅速化しています。 この需要により、JPEX は、FTX プロジェクトが業界最大のプロジェクトの 1 つであり、世界中の何百万人もの仮想通貨トレーダーや投資家に多大な損害を与えていることを認識しました。 バハマによる FTX の資産の凍結と、オーストラリア証券投資委員会 (ASIC) による金融サービス ライセンスの停止により、FTX.com を含む多くの仮想通貨取引所による預金と引き出しが停止されました。

徹底的なレビューを行い、利害関係者と社内で話し合いを行った結果、世界中の暗号通貨トレーダーの要求を満たすために、追加のJPEX Aid Fundを立ち上げる必要があるという結論に達しました。 これが、JPEXがあらゆる種類のトレーダーに、新しい援助資金プールを利用してデジタル資産への投資に戻るよう呼びかけている理由です。

追加のJPEX援助資金プール

金額: 500,000 USDT (500,000 ドル相当)。 これは、JPEX財団によって割り当てられます。

目的: あらゆるプラットフォームの影響を受けるすべてのユーザー (FTX プラットフォームを除く取引所)。

要件: ユーザーは、少なくとも 5,000 USDT ($5,000) 相当の資産を持っていることを証明できる必要があります。 入出金は停止される可能性がありますが、取引所のユーザーは、困難な時期でも常に残高と取引履歴にアクセスできます。 簡単に言えば、JPEXは、新しいファンドの申請者に、特定のプラットフォーム(取引所)に閉じ込められた資産の価値を示してほしいと考えています。

影響を受ける暗号トレーダーは、以下の手順に従って申請できます。

適用する方法

このフォームに記入してください (ここをクリック) JPEX からの関連する質問に回答してください。

JPEX は、申請が成功する場合、500 USDT ($500) の上限を申請者に警告します。 資金は、3 段階でファンドの勝者の JPEX ウォレットに送金されます。

ステップ 1: 選択されたアプリケーションは、JPEX にアカウントを登録し、Know Your Customer (KYC) の手順を完了して、その有効化を支援する必要があります。 アカウント。 確認後、100 USDT($100)の援助が 12 時間以内にスポット ウォレットに送信されます。

Step 2: After receiving the first funds of $100, successful applicants are required to take screenshots of the transaction, and share them on social media platforms Facebook. Instagram, and Twitter. Aside from these, the authenticity of the fund will be proven if the successful applicant shares the screenshot on JPEX’s Discord Channel. Since JPEX wants to expand, we require the applicant to take a selfie with 100 USDT received also tag three friends and (@diegodtk09) in Instagram. Once done, successful applicants will have to show proof of their social media activities to the JPEX Customer Service Team. After confirmation from the team, an additional 200 USDT ($200) will be sent to the applicant’s spot wallet.

ステップ 3: ステップ 1 とステップ 2 を完了した後、プラットフォーム運用チームは関連情報を確認し、14 日以内に残りの 200 USDT をユーザーに発行します。プラットフォーム スポット ウォレット。

JPEX は、仮想通貨市場はまだ歴史が浅く、成熟してメインストリームに受け入れられるには時間が必要であることを理解しています。これが、FTXが他の企業に続いて倒産した理由を説明しています。

顧客の不安を和らげるために、JPEX は 11 月 13 日 (日) にプルーフ オブ リザーブまたはプルーフ オブ ファンドをリリースし、透明性を提供してユーザーの信頼を強化しました。これは、私たちの安定性を利害関係者に証明しています。

While FTX Token (FTT) was supported by more than 30 exchanges, many platforms have neglected their customers’ losses after the project collapsed. JPEX believes that the JPEX Aid Fund Phase II can help customers who suffered relatively higher losses on other exchanges (platforms) receive a small token in 500 USDT which can help them resume their crypto trading activities.

ブロックチェーン技術と暗号通貨の可能性により、JPEX はユーザーが暗号市場での潜在的な利益を最大化するのに役立ついくつかの暗号製品を開発するために引き続き懸命に取り組んでいきます。

いつものように、JPEX は強気相場と弱気相場の両方でユーザーをサポートするために待機しています。

ご協力ありがとうございました!

JPEXチーム

2022-11-17

Register

Get the APP

Instagram (@jpex_official)

Twitter (@ExchangeJpex)

Telegram (@JPEX official)

Facebook (JPEX Exchange)

Discord (JPEX_Official)

Promotion (@Jpex_official_int)

Marketing (Email )

Announcement

Blog